フレキュレル

フレキュレルのアットコスメにおける評価

更新日:

フレキュレルの成分・ジメチコンについて

成分をチェック
フレキュレルの全成分は以下のようになっています——

トラネキサム酸(有効成分)、グリチルレチン酸ステアリル(有効成分)、ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、Nーステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2ーペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

このうち、「ジメチコン」という成分を問題視する人がいるようなのでちょっと説明してみます。

ジメチコンはシリコーン油の代表的なもの。無色透明の液体で、オイルに溶けにくい性質を持っています。

ベタベタしにくく潤滑性に優れているため、肌や髪に手触りの良いなめらかな感触を与えてくれます。

ただ、このジメチコンなどのシリコーンは合成成分ということで悪者扱いされ、オーガニック化粧品関係の記事などでは「なるべく使わない方がいい」と書かれていることが多いようです。

その根拠は何でしょうか? 調べてみると——

「ジメチコンは肌に薄い膜を形成するため、皮膚呼吸ができなくなる」
「ジメチコンのせいでエサがなくなり、肌の常在菌が死滅してしまう」

という2つの理由があげられています。

まず「皮膚呼吸ができなくなる」という点については、明らかに間違いです。

そもそもジメチコンの構造は網目状なので、肌をピッタリすきまなくおおうものではありません。皮膚呼吸はその網目からしっかり行うことができます。

そして2つめの「肌の常在菌が死滅する」ということもありえません。

肌の常在菌というのは、人間の健康な皮膚の表面に存在している菌で、外界からの様々な刺激から皮膚をガードする防御機能を備えています。

その常在菌は肌から分泌される皮脂や汗などをエサにしているのですが、ジメチコンは皮脂や汗の分泌を阻害する働きなど持っていないのです。ですから常在菌はジメチコンの膜があってもちゃんと生きのびられます。

結論をいえば、どちらの理由も全く間違いということ。

ジメチコンに限らず、シリコーン全般は生物学的に安定した物質です。アレルギー、皮膚刺激の心配も少なく、肌への浸透も行わない(分子量が大きいため)ので、安全性が高いといえます。

近年オーガニックブームの裾野が広がるにつれて、「自然由来の成分だから安全」「人工の成分だから使用は控えるべき」という意見がよく聞かれようになりました。

毒草や毒キノコの例をあげるまでもなく、自然の成分でも人間に有害なものはたくさんありますし、その一方で、合成成分といっても安全性に問題がないものは多いのです。

化粧品やサプリの成分については、ひとくくりで決めつけるのではなく、ひとつひとつの正確な情報を知ることが必要でしょう。

フレキュレルの口コミ情報TOPへ戻る

-フレキュレル

Copyright© 『本当に効いた!フレキュレルの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.