フレキュレル

「フレキュレル 効果なし」の真相

更新日:

フレキュレルのエキス成分

天然エキス

シュガースクワラン

スクワランは、たくさんの化粧品に使われているので知っている人も多いでしょう。保湿成分としておなじみです。

美容関係に使われるスクワランは、深海に生息するサメの肝油や、オリーブオイル、ベニバナオイル、ウィートジャームオイルから抽出されたものがほとんどなのですが、このシュガースクワランはサトウキビから作られたもの。

もともと人間の皮脂中にも存在する物質であるために刺激が少なく、自然由来の保湿剤としてクリームや軟膏などに盛んに配合されています。

天然の皮膚膜のようにバリアとして働き、雑菌などの刺激物から肌を守ってくれます。

アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイというのは日本では見かけませんが、中国や台湾では広範囲で自生している多年草。ハナミョウガの1種です。その種子を乾燥させたものが漢方の生薬として使われていて、ソウズクと呼ばれています。「それなら知っている」という人もいるかもしれません。

カルダモニンという成分が含まれているのですが、この物質にはメラニン生成を阻害する働きがあります。最近では肌ケア用の医薬部外品によく入っているようです。

タイムエキス

タイムは、日本でもようやくスーパーのハーブ売り場に置かれることが多くなり、愛好者も増えているようです。ヨーロッパでは料理やハーブティーに盛んに活用され、民間薬としても消化器・呼吸器系の疾病に用いられてきました。

含まれる成分はタンニン、フラボノイド、チモールなど。肌機能を正常に保ち、ハリや潤いをもたらします。

ウメ果実エキス

観賞用、あるいはその実を食用にするなど、古来から日本人に親しまれてきたウメですが、何といって梅干しとしての活用が最もポピュラーなものでしょう。

その果実の健康効果は広く知られていて、梅肉エキスは健康食品の定番となっています。

抗糖化成分であるムメフラールが多く含まれていて、肌トラブルにも効果を発揮。

保湿、バリア機能回復、アンチエイジングの目的で、スキンケア、ヘアケア、ボディケアなど幅広い商品に配合されています。

キウイエキス

栽培開始からまだ100年もたたないのに、すっかり世界の人気フルーツとなったキウイ。日本でも1970年代以降、各地のミカン農家により生産されるようになりました。

ビタミン、タンパク質、アミノ酸、タンニン、糖類を含み、保湿、収れん、皮膚柔軟化、抗酸化作用などが期待できます。

ユキノシタエキス

ユキノシタは北海道、沖縄を除く日本全国で自生している雑草で、夏の季語になるほど昔からおなじみの植物です。

虎耳草(こじそう)という名前で民間薬としても知られ、腫れもの、凍傷、火傷などの軽減に用いられてきました。

消炎、抗菌、活性酵素除去効果を備えていて、アンチエイジングや美白用化粧品によく配合されています。

フレキュレルは根気よく使うこと

根気よく使う
フレキュレルの口コミをチェックしてみると、

「使い始めてから肌全体のトーンがアップし、表情が明るくなった」

という意見を投稿している女性も多いようです。

そばかすだけでなく、美白ケアも同時に行いたい、と思っている人にもピッタリでしょう。

フレキュレルはあくまでクリームです。肌のターンオーバーが繰り返されることによってケアの効果が上がります。そのため、ハッキリした効き目を実感できるのは最低でも2ヶ月経過した頃になります。

毎日根気よく塗り続けることで確実に肌のコンディションは上がっていきますので、「すぐに効果が出ない」とイライラせず、2ヶ月は継続して下さい。

フレキュレルの口コミ情報

-フレキュレル

Copyright© 『本当に効いた!フレキュレルの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.