フレキュレル

フレキュレルのクリーム

投稿日:

安全性の高いフレキュレル

フレキュレルに配合されている成分は、刺激が少なく、安全性の高い天然由来のものが中心。有効成分であるトラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリルも副作用の心配の少ない物質で、優しくメラニン色素の生成を抑え、そばかすなどの改善を行ってくれます。

もちろん、合成着色料、合成香料、タール系着色料、紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油といった肌に負担をかける添加物は一切配合していません。

しかも敏感肌用パッチテスト、累積刺激性テスト、アレルギーテストを実施しているため、肌のデリケートな人にでも問題なく使えます。

フレキュレルの植物由来成分について

・シュガースクワラン

保湿成分としておなじみのスクワラン。数多くの化粧品に配合成分として使われているので、知っている人も多いでしょう。

美容製品に入っているスクワランは、深海に住むサメの肝油や、ベニバナオイル、オリーブオイル、ウィートジャームオイルから取られたものがほとんどなのですが、このシュガースクワランはサトウキビから抽出されたものです。自然由来の保湿剤としてバリアの役割をし、天然の皮膚膜と同じように様々な菌から肌を守ってくれます。

実はスクワランはもともと人間の皮脂中にも存在します。クリームや軟膏などに盛んに配合されているのも、刺激がほとんどないため——。敏感肌の人でも安心です。

・アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイというのは中国や台湾で自生している多年草。日本では見かけませんが、ハナミョウガの1種です。その乾燥させた種子が昔から漢方の生薬として用いられていて、ソウズクと名前がつけられています。「ああ、それなら知っている」という人も多いかもしれません。

主要な含有成分はカルダモニン。この物質にはメラニン生成を阻害し、シミを防止する働きがあります。最近では肌ケア用の医薬部外品によく配合されているようです。

・タイムエキス

タイムはヨーロッパではおなじみの薬草。ハーブティーや料理に盛んに使われ、消化器・呼吸器系の疾病にも民間薬として用いられてきました。日本でも最近になってようやくスーパーのハーブコーナーで見かけることが多くなり、買う人も増えているようです。

含有されている成分はフラボノイド、タンニン、チモールなど。肌機能を正常化し、潤いやハリを保ちます。

・ウメ果実エキス

古来から日本人に観賞用、あるいは食用として親しまれてきたウメですが、何といって梅干しとしての活用が最もポピュラーなものでしょう。今でもおにぎりの具の定番になっています。

その果実の健康効果は昔から広く知られていて、梅肉エキスは健康食品店の主力商品のひとつ。抗糖化成分であるムメフラールがたっぷり含まれていて、肌トラブルにも効果的です。

また、保湿、バリア機能回復、アンチエイジングにも役立ち、スキンケア、ヘアケア、ボディケアなどの商品に盛んに配合されています。

・キウイエキス

すっかり世界の人気フルーツとなったキウイですが、実はまだ栽培開始から100年もたっていません。日本でもポピュラーになったのは1970年代以降のこと。各地のミカン農家により生産され、現在では全国どこのスーパーにも欠かさず置かれるようになりました。

ビタミン、タンパク質、アミノ酸、タンニン、糖類といった成分を含み、収れん作用、保湿作用、皮膚柔軟化作用、抗酸化作用などを備えています。

-フレキュレル

Copyright© 『本当に効いた!フレキュレルの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.